【はだかんぼ教育】

『服を着る』という事は普遍的は文化ではない!!
古代エジプトでは思春期前の男女は全裸。
スパルタ人は若者の心身を鍛えるために男女は全裸で共同生活をしていた。
他にも、南米のゾエやヤワラピティ・北米のチュマシュ・アフリカのヌバ・南米アジアのボントック――。

 

全裸で生活するという事は、健康や精神的に鍛えられる。

 
そこで、教育委員会が新しく導入した教育法。

 

 

それは、「はだかんぼ教育」である。――「はだかんぼ教育」とは一体どういうものなのか!?

 

 

みんなの評判は?

 

じつにエロい!

3次元でも、こういう作品あるけど、
2次元だからこそ、さらにエロいのかも。
全裸を描く際の肌の色や体の光沢感が3次元よりエロく思えました!
それと2次元だからこそ実現できるスケールのデカさもエロい!
3次元の普通のAVなら、あんな大勢の男女を裸にできるだけの予算なんてないはず。
あと、男の裸も2次元だから気持ち悪くないのもいいですね。
それと世界の全裸文化の歴史など詳しく描かれてて、
作者さんの教養の深さにも驚いた。
なかなかいい作品だと思う!

 

現代への疑問提示

エロ作品としては、過激は表現があまりない。
しかし、この作品での古代の文明についての指摘について、
現在のエロ規制に対しての、疑問提示としての内容を十分に含んでいると見た。

服を着る文化が当たり前になったのは、キリスト教やイスラム教など、そして儒教の影響もあり、エロに対して厳しいのは、
そちらの方面の思想が強く影響している。

エロ作品として見るより、規制反対を思っている人は、
この作品を見て、自分なりもっと掘り下げて勉強してみてはいかがでしょうか?

そういう意味では、もっと見てほしい作品だと思います。

 

なかなか興味深い作品みたいですね。。絵も可愛いくてエロいです^^。

 

読んでみる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ